離婚調停・慰謝料請求は弁護士相談が本当に得なのかについてつっこんでいくサイトです

離婚によって家を競売にかけたときの評判

離婚によって家を競売にかけたときの評判にはどのようなものがあるのでしょうか?

離婚が原因になって、今まで住んでいた夫婦の家を手放すことになったら、その住宅が誰の名義になっているのかを確認しましょう。
一応、住宅は結婚していたときに建てた、または買ったものなら、財産として分与しなければならないものですし、ローンが残っているときもそれを分ける必要が出てきます。

もう2度と顔も見たくない思いで離婚することは承知の上で、住宅などの財産についてはしっかりと話し合いをしておくことが重要です。
そうしなければ、住宅ローンを払う人がいなくなってしまうか、名義人が1人で多額のローンを支払うことになってしまいます。
これが子供を抱えてのローン支払いだとしたら、とんでもなく大変です。

仮に競売にかけるように、住宅ローンを滞納したとしても、残債を整理できるだけの金額には到底足りない状態になってしまいます。
実際に離婚が原因で住宅を競売にかけたときの評判というのは次のようなものがあります。

・いくら離婚が原因で家を競売にかけるとしても、財産として話し合いをちゃんとしておけばよかったと後悔しています。
・本当に競売って噂通りに安い金額でしか売れないことを身をもって知りました。
・競売で得た金額は、残債の整理に充ててもどこにも足りないくらいの金額です。

競売によって家を売ってもほとんど住宅ローンの完済などはできないことがよくわかります。

競売を選択したときの具体的な状態とは?

競売を選択して家を売るとき、家の中は片づけたり、競売が開札して、落札者が決まるまでの間に次に住むところを探すなど、やることはいろいろあります。
その間に、住宅を見学に来る方もいますし、業者さんも多く見学にきます。

場合によっては、うろうろしていることもありますから、少し不気味な印象を受けることがあります。
誰でも自分の家の周囲をうろうろされるのは気持ちが良いものではありませんから、そういった状態になることも覚悟しておかなければなりません。

出典元:離婚で競売する前に

最新記事